上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
厚生労働大臣の舛添さんが、来週のしかるべき時期に被爆者と面談する考えのようです。

(毎日JP:2009年5月29日)
========
原爆症認定訴訟:厚労相「原告に話聞きたい」
 舛添要一厚生労働相は29日の閣議後会見で、28日の東京高裁判決で国側が敗訴した原爆症認定訴訟の対応について「原告の皆さんとゆっくり話をして要望を聞きたい」と述べ、原告側と面会する意向を示した。
========

原告・弁護団は、かなり前から大臣に対する要請を繰り返しています。
ただ会って話しを聞くだけではなく、原告・弁護団の要請時甲に対する答えを持ってきてくれるものと考えています。

ところで、舛添さんは以下のようにも述べています。
(同上)
========
一方で「専門家の意見もあるので何でも政治判断というわけにはいかない。納税者である国民が納得する解決策を考えたい」と述べ、これまでの訴訟で敗訴した原告も含めた一律救済に慎重な姿勢を示した。
========

 これまで被爆者を苦しめてきたのは「専門家」なんです。
 これ以上、「専門家」に何を聞くというのでしょうか?
 舛添さんは問題の本質が全く理解できていないのではないのでしょうか?

 しかも、「納税者である国民が納得する解決策」ときました。
 原告全員救済を国民に納得させるつもりなんて毛頭無いのでしょうか?
 原告が必死になって裁判をたたかってきたから、ようやく原爆症認定制度が「あるべき姿」に近づいてきているのです。原告であることをもって救済される正当性は十分だと思います。

 ところで、14兆円の補正予算には「納税者である国民が納得」しているのですかね?
スポンサーサイト
2009.05.29 Fri l ニュース(原爆症裁判) l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
厚生労働省健康局の半分の予算・・・たしか1500億だったかな??
難病もインフルエンザも肝炎も、他にも色々ある中で、健康局の半分の予算を使っている原爆のほうがよっぽど納得しません。

納税者が納得しないと恐れているのは、弁護士の方々なんじゃないでしょうか?

なんで訴訟して原告になっただけで正当性が十分なのか、意味不明です。
訴えて、弁護士にお金をあげない方は正当性なしですか?

十何連勝か知りませんけど、中身を見れば全部勝ってるわけじゃないじゃないですか。
一つの裁判で、例えば1勝でもしてれば10敗してても勝ちって報道されているんですよね?
こりゃみんな騙されるわ。
まるで完全に、一つの曇りもなく国が間違っているように錯覚しちゃう。

これが狙いなんですかね。。。
2009.05.30 Sat l . URL l 編集
No title
とおりすがりさんへ

今回の東京高裁判決で以下の点を教えてください

①一審原告と一審被告の間で争点となっていること
②国の主張が認められたこと
③国の主張が認められなかったこと
2009.06.01 Mon l とおりすがれないさん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fujiwaradannchou.blog50.fc2.com/tb.php/52-94f11029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。