上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
北朝鮮が2度目の核実験を行ったそうですね。

核兵器廃絶を希求する被爆者、世界中の市民にとって暗澹たる気持ちにさせられますね。

とはいえ、核兵器廃絶へ向けた現在の世界の潮流をとどめるものにはならないはずです。
今こそ核兵器の本当の恐ろしさを、唯一の被爆国日本から世界に知らしめて、どうして核兵器を使ってはならないのかを訴えかけていくことが必要なのではと思います。

なんとなく、憲法前文を思いだしました。
国際社会において名誉ある地位を占めるために、核兵器廃絶へのリーダーシップをとるべきでなはないかと。

「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」(日本国憲法前文)
スポンサーサイト
2009.05.26 Tue l ニュース(核兵器廃絶) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fujiwaradannchou.blog50.fc2.com/tb.php/44-2d84535c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。