上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
被爆二世の
ノーモア・ヒバクシャ近畿訴訟・裁判傍聴記(41)
被爆の実態、残留放射線の影響を軽視した高裁の不当判決!
3・11福島原発事故被害者に寄り添い、被爆実態の告発に力をそそごう
2016年3月16日(水)

 3月11日のノ―モア・ヒバクシャ近畿訴訟の大阪地裁第2民事部の弁論には、事情があって都合悪く、私平は傍聴参加することができませんでした。そこで今回の傍聴記は私に代わって京都原水協事務局長の小杉功さんに作成をお願いしたものです。
 ご了承ください。

 3月11日、ノ―モア・ヒバクシャ近畿訴訟の大阪地裁第2民事部(西田隆裕裁判長)の弁論が午前11時から1007号法廷で行われた。新規提訴の1名が第2民事部に加わり原告は6人となった。
 意見陳述に立った和田信也弁護士は、2月25日、ノ―モア・ヒバクシャ近畿訴訟控訴審Bグループの梶川一雄さん(兵庫県伊丹市・故人、奥さんの博子さんが承継)に対する不当判決について、「放射線被曝には、初期放射線(直爆)のほかに、残留放射線による被曝などがあり、こうした放射線の影響を軽視している」と批判、初期放射線では説明できない被害の実態、残留放射線に関する近時の研究について、詳しく説明した。

和田さん_convert_20160320184341

 和田弁護士は、初期放射線では説明できない被害の実態について、原爆投下後に広島に入市して救援活動を行った暁部隊、賀北部隊のアンケート調査の結果を紹介、いずれも下痢や脱毛、嘔吐、白血球減少などの放射線による急性症状を呈していたこと、8月19日に広島に入市して救護活動に従事した三好高等女学校の学生23人の調査結果では、がんによる死亡、若年死亡が多いうえに、日本人では10万人に3~4人といわれる白血病が23人中2人もいたことを示し、残留放射線の影響しか考えられないと指摘した。さらに、原爆投下直後から被爆者の治療活動に従事した肥田舜太郎医師の、約一週間後に入市した女性が紫斑、貧血、脱毛、出血などの急性症状で亡くなった体験を紹介し、残留放射線が死に至らしめることを明らかにした。
 さらに和田弁護士は、残留放射線に関する近時の研究について、2012年7月にアメリカ・サクラメントで開かれた第57回保健物理学会の年次総会の間に行われた2つの会議の議論の中身を詳しく紹介し、「放射線の健康被害を考慮する上で、残留放射線や誘導放射線を無視することはできないことは国際的な共通認識となっている」と指摘、「残留放射線の影響を被告国や近時の大阪高等裁判所判断は、科学的にも誤ったものであり、被爆の実態に沿った形で原爆症の認定を行うべき」と、陳述を締めくくった。

尾藤先生_convert_20160320184441

 大阪弁護士会館に会場を移して、短時間の報告集会が行われた。冒頭、司会をつとめる西晃弁護士から、上告した武田武俊さんは最高裁第3小法廷に付託されたこと、梶川さんについては最高裁への上告申し立てが完了したことが報告され、和田弁護士からは、あらためて本日の意見陳述の内容、意図が説明された。福島原発事故に関する報告のためドイツに招かれている藤原精吾弁護団長に代わって締めくくりのあいさつに立った尾藤廣喜弁護団幹事長は、今日が3・11福島原発事故から丸5年にあたり、象徴的な日になった。国が徹底的に争う姿勢に変化した背景には福島原発事故があり、福島シフトがひかれている。私たちは、あの時何があって、今もどういう影響があるのかを、被爆の実態という原点に帰って裁判所に訴えることが決定的に重要になっていると強調した。最後に西弁護士から、高裁2連敗の悪い流れを断ち切り、運動を強めていくため、今年の支援のつどいを6月11日(土)午後2時から大阪グリーン会館で行う提起があり、全体で確認して報告集会は終了した。

ノーモア・ヒバクシャ近畿訴訟今後の日程
2016年 4月21日(木) 11:00 高裁C 第13民事部 202号 弁論(原告6人)
2016年5月10日(火) 11:00 地裁第7民事部 806号 2人結審
弁論(原告5人)
2016年6月15日(水) 11:00 地裁第2民事部 1007号 弁論(原告6人)
2016年7月22日(金) 14:00 高裁C 第13民事部 202号 弁論(原告6人)
*支援のつどい(予定) 6月11日(土)14:00 大阪グリーン会館

スポンサーサイト

2016.03.20 Sun l ニュース(原爆症裁判) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fujiwaradannchou.blog50.fc2.com/tb.php/395-060fd556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。