上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
明日、近畿原爆症認定集団訴訟(2次訴訟)の大阪高等裁判所の判決があります。

2009年5月15日午後2時から、
場所は大阪地方裁判所202号法廷(大法廷)です。

裁判についてよくご存じでない方でも、「どうして被爆者が裁判をしているのか?」「どうして厚労省は負け続けるのか?」等々、ご興味・ご関心をお持ちでしたら傍聴・応援に来て下さい。

当日の予定は以下のとおりです。

  午後1時20分から判決前集会
    (裁判所南側の川沿の公園:人だかりができているので直ぐに分かります)
  午後1時40分から裁判所へ入場
    (傍聴席に入れなかった方は、裁判所北門で待機して下さい。)
  午後2時 判決言渡し。直ちに、裁判所北門付近で判決結果の速報を旗出しします。
  午後3時 判決後集会(大阪弁護士会2階)

現在、厚労省の16連敗。さて、どこまで続くのか・・・

スポンサーサイト
2009.05.14 Thu l 裁判の日程 l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

連勝ですね
原告の連勝ですね。

ただ、一名の方は敗訴です。
ということは、この方は
 ・国に認定を認めてもらえなかった
 ・その処分に不服で裁判したけれど司法も認めなかった
ということになります。

ただ、弁護団は全員認定?全員救済を求めています。
どういう理屈でこの方を救済すべきなのでしょうか。
訴訟を提起さえすれば、
認定もしくはなんらかの金銭的補償がもらえるべきだ
と言うことでしょうか。

それとも、17連勝ばかりアピールして、
この方は弁護団は切り捨てるのでしょうか。
2009.05.16 Sat l 通りすがり. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fujiwaradannchou.blog50.fc2.com/tb.php/38-820fbbfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。