上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2009年4月15日に、原爆症認定の義務づけを求める裁判を提訴しましたが、そのうちの湯浅さんがようやく原爆症と認定されました。本当によかったです。
しかし、認定されたのは申請してから1年8ヶ月後です。平均年齢が75歳を超えている被爆者にとって、とても許容できる期間ではないと思います。

(毎日新聞5月1日付)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090502dde041040051000c.html
原爆症認定:国を訴えた女性を認定--厚労省
 原爆症の認定申請を長期間放置しているのは違法だとして国に早期認定を求めた訴訟の原告5人のうち1人について、厚生労働省が原爆症と認定したことが1日わかった。この原告は早期認定の請求を取り下げるが、約100万円の国家賠償はそのまま求める方針。
 認定されたのは、神戸市須磨区の湯浅笑子さん(79)。長崎市の爆心地から約1キロで被爆、00年に白内障を発症した。厚労省は提訴前日の4月14日付で認定、25日に湯浅さんの元に通知書が届いた。07年8月に申請しており、1年8カ月後の認定となった。
スポンサーサイト
2009.05.14 Thu l ニュース(原爆症裁判) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fujiwaradannchou.blog50.fc2.com/tb.php/36-d2107e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。