上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
被団協がノーモア・ヒバクシャ訴訟支援を正式決議。

何を今更と思われるでしょうが、集団訴訟の終結後、被団協は個別訴訟の判決等について声明を出したりしてくれていましたが、全面支援は決定していませんでした。
被爆者の最後のたたかいとして、2度にわたる認定基準の改定、終結合意まで締結まで勝ち取る成果を挙げて、被団協としても一応終結。集団訴訟後も訴訟は継続しますが、被団協としては個別支援に留まっていました。
しかし、厚労省は、被団協の提言、集団訴訟の到達点である司法判断を無視し、いい加減な認定基準の再改定でお茶を濁しました。厚労省とすれば、「これで諦めるだろう」という読みだったと思います。
そういう中で被団協が正式にノーモア・ヒバクシャ訴訟の正式支援を決めたのは極めて大きな意味があります。

原爆症訴訟支援 決議へ 日本被団協 定期総会が開会(中國新聞)

日本被団協の定期総会が3日から2日間の日程で、東京都内で始まった。原爆症認定の在り方を議論し、制度の抜本改正を引き続き目指す方針を確認。認定申請 を却下された被爆者や遺族が国に処分の取り消しを求めている訴訟について、支援する特別決議を最終日に採択する方針を決め(。

 地方組織の約100人が出席。田中熙巳(てるみ)事務局長は、国が昨年末に見直した原爆症認定の審査基準を「被爆の実態に合っていない」と批判。被爆者全員を認定し、病気の程度に応じて手当を支給する被団協が提唱した案の実現を目指すとした。

 訴訟関連では、田中事務局長が「判決が出るたびに声明を出したり、要請行動に同行したりしてきたが、全面的に支援する決議を出したい」と表明。出席者から異論は出なかった。

 国は審査基準を見直して以降、旧基準時に提訴した被爆者を率先して再審査。それでも認定されなかった原告14人中11人が大阪地裁と熊本地裁で勝訴した。うち5人について国は控訴している。(藤村潤平)

(2014年6月4日中國新聞朝刊掲載)

日本被団協が決議した内容は下記の通り。

「ノーモア・ヒバクシャ訴訟」の勝利をめざそう

 

いま全国7裁判所で「ノーモア・ヒバクシャ訴訟」がたたかわれています。この訴訟は、原爆症認定集団訴訟とは別に新たに起きた原爆症認定を求める裁判です。

 「集団訴訟」は、国民的な支援に支えられ、原告側の勝訴が29回に及びました。そのなかで、200986日、内閣総理大臣と日本被団協との間で「原爆症集団訴訟の終結に関する基本方針に係わる確認書」が取り交わされ、「今後、裁判の場で争う必要のないよう、定期協議の場を通じて解決を図る」ことが確認されました。

 しかしその後も、被爆者からの認定申請が却下される事例が相次ぎ、被爆者の不満と怒りは、裁判によって解決を求めるしかない状況がつづきました。こうして起きたのが「ノーモア・ヒバクシャ訴訟」です。

 原告は今日までに全国で109人におよんでいます。20103月から裁判が始まり、201459日までに6判決で22人が勝訴しました。厚生労働省は相次ぐ敗訴を反省せず4人について控訴しました。その一方、昨年1216日の認定基準改定による認定要件に該当し、裁判をつづければ国側敗訴が確実に予想される原告について、却下処分の「自庁取り消し」を行い22人を認定しました。

 このため原告のうち40人が認定を勝ち取りました。裁判をしなかったら却下されたまま泣き寝入りするしかなかったのです。この中には、2度却下されながらも裁判に踏み切り、国のずさんな審査実態を明らかにして、国家賠償の判決を勝ち取った人もいます。 

 しかしまだ69人が、厚生労働省の厳しい認定基準に阻まれ、裁判をつづけています。新しく訴訟に参加を希望する人もいます。

 国側は裁判のなかで、これまでの集団訴訟で裁判所に否定されつづけてきた主張を蒸し返し、「原告らの脱毛は神経性のものだ」「下痢をしたのは衛生状態が悪かったからだ」「原告らの被爆距離、入市時間は健康に影響をおよぼす程度の被曝線量ではない」など、原爆被害を狭い範囲の軽くて小さな被害にすぎないと主張することに懸命です。さらに、原告一人一人について1件数万円もする病院のカルテの提出を求めるなど、財政面からの原告いじめもつづけています。 

 こんななかでも原告と弁護団は、裁判勝利のため全力を挙げてがんばっています。裁判の勝利は、69年経っても続く原爆被害の残酷な実態を明らかにするものです。核兵器が使われたなら、人間に取り返しのつかない傷跡を残すものだということを、裁判を通じて世界に知らせ、核兵器廃絶への運動を励ますものです。

 以上により日本被団協総会は、「ノーモア・ヒバクシャ訴訟」の勝利を期して、全面的に支援することを決議します。

201464

日本原水爆被害者団体協議会第59回定期総会

スポンサーサイト
2014.06.07 Sat l ニュース(原爆症裁判) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fujiwaradannchou.blog50.fc2.com/tb.php/348-24108061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。