上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
4月15日午後3時、大阪地方裁判所に原爆症認定不作為の違法確認・認定の義務付訴訟と申請却下処分の取消訴訟を提訴しました!
各種新聞等でも大きく報道され、この問題に対する世論の関心の強さをうかがい知る事が出来ました。提訴の詳細については、後日写真なども付けてお話出来ればと思います。

そこでまず本日は、近畿弁護団の一人、野口善國先生の下で勉強していらっしゃる新62期の司法修習生の方が書いて下さった(管理人に書かされた…? 笑)提訴に立ち会った感想を紹介させていただきます。こういう風に、このブログが近畿弁護団と他の方々との交流の場になればいいなと思います。


原爆症認定義務付け訴訟提訴の日、野口先生に連れられて、大阪地裁に行くと、
原告の方々、弁護団の先生方、支援者の方たちが集まっておられました。
これまでに、先生から訴訟に至るまでの経緯を聞かせてもらったり、弁護団会議に参加させてもらったりしていたので、みなさんの表情を見ていると、「いよいよ提訴だ、頑張るぞ!」という気持ちがひしひしと伝わってきました。

そして、私も裁判所の門から入り口までの行進に参加させてもらいました。
報道陣もたくさんきていたので、報道をきっかけにこの訴訟を多くの人に知ってもらえればと思います。

訴状の提出後の記者会見では、原告の方たちが、原爆の悲惨さや原爆症と認定されないことの苦しみを、穏やかな口調ながらも気持ちを込めて語っておられて、とてもいい記者会見でした。
ご高齢ながら、長時間にわたる記者会見、その後の記者の質問にも熱心に答えておられる原告の方々を見て、この訴訟に対する熱意を感じると同時に、一日も早く、原告の方々に原爆症の認定がなされればいいなと思いました。

今回、弁護団会議や訴状の提出に参加させてもらって、原爆が投下されてから今年で64年が経つけれど、いまだに原爆の被害で苦しんでいる方が数多くいることを知りました。
戦争や原爆は決して「過去」のものではなく、今なお、しっかりと向き合うべき課題を残しているのだと感じました。
この訴訟提起は、長年苦しんでいる被爆者の方たちの救済に役立つと同時に、
私のように戦争や原爆を知らない世代が、その悲惨さを知り、同じ悲劇を繰り返さないために何ができるのかを考えるきっかけになるとても意義のあるものだと思いました。

一日も早く原爆症の認定がなされて、原告の方たちが笑顔になることを願っています。
スポンサーサイト
2009.04.16 Thu l ご挨拶 l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

脳天気でないですか
通りすがりです。
いまにしさんのお気持ちはブログからよく伝わるのですが、
みなさんは弁護士さんの卵ですので、
社会にとても影響力を持っています。
おそらく同世代の人間として思うことは、
もう少し冷静に物事をみる必要があるのではということです。


>最後のご質問及びご意見についてですが、
>原爆の後障害については、未だほとんど解明できておらず、
>被爆者に対する放射線の影響が最も出るのは2020年になるという話が、
>以前紹介させていただいた本に書いてありました。
これは単純に、人間のがんの発症率が年齢とともに
増加すると言うことを意味しているだけです。
がんの発症率において今まで被爆者と非被爆者に多少差があっても、
統計学的に有意で無かったものが有意になる可能性があると言うことです。
2020年になったら、被爆者もそうでない同年代の方も、
(もっとも若い方でも90歳くらいですよね)
ほぼお亡くなりになります。
ただ、いやな事を言うと、
すでに被爆者は一般国民よりも平均余命が長く、
二世に関しても検診の結果からはむしろ健康状態が良いみたいですよ。
本当に被爆者は悲惨なのでしょうか。
(偏見や放射線の不安の中で生きてきたことは間違い無いと思いますが、
 現在の経済的な状況や実際の健康状態での話ですけど)


>ただ、原爆による放射能により発がん率が上がるというのも確かなことです。
>ならば、
>明らかに原爆と関係ない場合以外は原爆症と認定すべき…って
>これも甘ちゃんですかね。
明らかに原爆と関係ない場合ってあるのですか?
ということは、手帳を持っている人がなにか病気になったら、
みんな原爆症ということでしょうか。
そんないい加減なことをしていいのでしょうか。
http://www.rerf.or.jp/shared/introd/introRERFj.pdf
の、とくに22ページを見てください。

そして、問題点がいくつかあると思います。
①逆差別が起きる。
 すでに、広島や長崎では起きています。
 被爆者はただの強欲な人間だ!というレッテルを貼られますよ。
 >私のように戦争や原爆を知らない世代が、その悲惨さを知り、
 >同じ悲劇を繰り返さないために何ができるのかを
 >考えるきっかけになるとても意義のあるものだと思いました
 となればいいのですが、私の同業者(医師)は、
 表だっては言いませんが、冷たい見方をしていますよ。
②国際的にバカにされる。
 すくなくとも、
 アメリカは
 「ああ、日本ですでに原爆症は政治的な病気なのね」
 「だって、被害被害って騒いだってなんの科学性もないでしょ」
 となるだけです。
 彼らは何の反省もしないでしょうね。 


エントリーはかわりますが、
事実誤認も目立ちますよ。
>いずれにしても、手帳の取得に関しても、原爆症の認定に関しても、
>国が被爆者を長年にわたって切り捨ててきたことは明らかです。
>国は被爆者に対して、速やかに謝罪と補償をすべきです。
すくなくとも手帳はかなり甘く配っているのではないですか。
しかも手帳さえあれば、原爆症の認定なぞ受けなくても、
医療、介護は無料。健康管理手当などの各種手当ても受けられますよね。
これって、救済ではないのですか?
冷静に考えて、今の日本の中で、
医療と介護が無料である立場の方がどのくらいいるのでしょうか。
さらに、
何の謝罪と補償をするのですか?
何の過失があるのですか?
法律に基づいた援護行政を行ったら、
一部の方が不服があるので、民事裁判になっているだけのことではないですか。
弁護士さんの卵であるならば、
おいそれと、謝罪とか補償とかって言わないほうがいいような気もしますよ。


なんにせよ、
日本において、タブーとされていることで裁判をしているわけです。
あまり、脳天気な物言いはちょっとと思います。
2009.04.19 Sun l 通りすがり. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fujiwaradannchou.blog50.fc2.com/tb.php/33-55ee314d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。