上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
8月2日の判決に「控訴するな」要請行動にたくさんの皆さまのご協力をいただきました。
おかげさまで、皆さんの要請が安倍総理を動かし、8月9日、長崎での控訴断念の記者会見につながりました。
ご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

私の手元には、8月16日の控訴期限に向けて、お一人で20人もの方から集めていただいた要請書があります。
安倍総理の控訴断念により、届ける必要はなくなりましたが、せっかくですので、要請書に書いていただいた一言を紹介させていただきます。

「被爆されて68年の長きを原爆症で苦しんでこられました原告の方々の早期の解決を強く求めます。国の責任として控訴しないで下さい。」
「68年間も苦しんできた方をこれ以上苦しめないで下さい。心よりお願い申し上げます。」
「長い間苦しんできた人々に対して、再度の苦しみに追いやるようなことはやめ、厚労大臣はこの判決に従って下さい。」
「控訴しないで1日も早く原爆症の方々が安堵の日々を送られるようにお願いします。」
「原爆被爆者の苦労は言葉には言い表せないほどのものです。絶対控訴しないで下さい。」
「ぜひ、原爆症認定の基準の抜本的改定をお願いします。」
「原爆症に苦しんでいる方々に思いをいたせて下さい。この判決は長く苦しんでいる人々に少しでも喜びを与えるものです。控訴は絶対しないで下さい。」



最後に西日本新聞が社説で、「原爆症認定基準 政治主導で見直し急げ」と書いてくれました。
高齢化した被爆者の救済のためには、いつまでも裁判で争っているわけにはいきません。
厚生労働省は、8・6合意の原点に立ち返り、裁判で間違いを指摘された認定基準を早急に改めるとともに、裁判で争う必要のないようにするために、認定制度を抜本的に改めるべきです。

原爆症認定基準 政治主導で見直しを急げ

原爆症とは、原子爆弾で発生した爆風や熱線、放射線などで人体に起きる健康障害の総称である。具体的には、やけどや全身的な機能低下、白血病、 悪性 腫瘍などの症状が出る。被爆者が発病した場合、それが原爆の放射線に起因して治療が必要と国が判断すれば、原爆症に認定され、医療特別手当が支給される。

  安倍晋三首相が、原爆症認定新基準の見直しに向けた厚生労働省の有識者検討会最終報告を、年内に取りまとめるよう厚労相に指示した。検討会は2010年か ら議論を重ねているが、制度の根本的な変更を求める声と現行制度の改善を目指す意見が対立して長期化している。被爆者の高齢化が進んでいるだけに、一日も早い検討会の結論を望みたい。

 旧認定基準は原爆の爆発時に受けた放射線量を重視するなど厳しかったことから、認定者は被爆者健康手帳所持者のわずか1%未満にとどまっていた。

 しかし認定を求める集団訴訟で国が敗訴し続けたため、08年に認定基準を緩和した。この新基準では爆心地から3・5キロ以内で被爆したり、原爆投下から100時間以内に爆心地から2キロ以内に入ったりした人らが、がんや白血病などになると積極的に認定するようにした。

 09年8月には原告全員救済で国と原告団が合意し、敗訴した少数の原告も基金から給付金を受けるようになった。

 それでも喫煙歴などを理由に認定申請の却下が相次ぎ、新基準でも訴訟が減ることはなく国の敗訴が続いていた。

 今月2日の大阪地裁判決では、近畿地方の8人(1人は死亡)の被爆者全員が原爆症と認められた。心筋梗塞や甲状腺機能低下症などを患う被爆者で、裁判長は「放射線が原因であることや治療の必要性が認められる」と判断した。

 弁護団は「放射線量が低くても心筋梗塞などを引き起こす可能性があると明確にしており、数値を問題にせず原爆症と認めた」と評価している。

 大阪地裁判決は、国に対して被爆状況なども総合的に勘案しながら、より広く認定するよう求めたものだ。

 被爆から70年近くが過ぎ、専門家が診断しても病気が原爆に起因するかどうか判然としない例も増えているという。行政としても「疑わしきは救済」という司法の姿勢を取り入れるべきだろう。

 「今なお苦痛を忍びつつ、原爆症の認定を待つ方々に、一日でも早く認定が下りるよう最善を尽くす」

 9日にあった長崎の原爆犠牲者慰霊平和祈念式典のあいさつで、安倍首相はこう語った。その後の記者会見では、大阪地裁判決について控訴断念を表明した。国側が地裁段階で敗訴判決を受け入れるのは、異例のことである。

 政府としても、政治主導による積極的な救済の必要性を認めたということだろう。評価できる判断だ。被爆者の声によく耳を傾け、早急に新基準の見直しを実行に移してもらいたい。

=2013/08/11付 西日本新聞朝刊=

スポンサーサイト
2013.08.12 Mon l ニュース(原爆症裁判) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fujiwaradannchou.blog50.fc2.com/tb.php/305-98ec90da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。