12月1日、神戸共立病院で、支援の会の中心であった大西正介さんを偲ぶ会が行われました。
弁護団からは、藤原精吾団長と、愛須が参加。近畿訴訟原告の木村民子さん、岡山訴訟原告の川中優子さんの他、被爆者の方々、支援の会、大西さんと長いおつきあいの民医連関係者など多数の関係者が参加しました。
ご家族からも奥様とお兄さんも参加されました。



大西さんは、原爆症認定近畿訴訟の公判を傍聴し、その裁判報告とともに、認定状況や厚生労働省の動きなど被爆者をめぐる様々な情報を網羅した「原爆症認定支援新聞」を116号も発行するなど、毎回の法廷について裁判傍聴記を書き続けてきた長谷川千秋さんとともに、原告や支援の人だけでなく世間に近畿訴訟を広く伝えてきてくれました(写真は挨拶する長谷川千秋さん)。

400055_399239663484100_449408837_n.jpg

原告の木村民子さんも、大阪からお一人で参加。

381640_399239673484099_2037918133_n.jpg

岡山訴訟の原告・川中優子さんも。大西さんの支援活動の幅広さを思い知らされます。

302755_399239696817430_1579561476_n.jpg

大阪支援の会の岩田幸雄さん。

305929_399239720150761_1055347558_n.jpg




スポンサーサイト
2012.12.03 Mon l ニュース(核兵器廃絶) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fujiwaradannchou.blog50.fc2.com/tb.php/273-d9d26d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)