上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
原爆症訴訟 闘い記録 全国原告団6日出版 論点解説 DVD付き(中國新聞)記録集

まだ、たたかいの途中ではありますが、記録集が発行されました。
「集団訴訟」の記録であり、厚生労働省がいかにこの裁判の到達点を無視しているかを明らかにする上でも貴重な資料になると思います。

原爆症認定集団訴訟の全国原告団と弁護団は3日、2003年に始まった裁判の足跡をたどる「原爆症認定集団訴訟 たたかいの記録―明らかにされたヒバクの実相」を6日に出版すると発表した。

 集団訴訟は全国で300人余りが提訴し、これまで約280人が勝訴や認定を勝ち取った。東京都内で会見した山本英典・全国原告団長(78)は「被爆の実相を隠す国との闘いだった」と振り返った。

 A4判の上下巻で計約1100ページ。1万5750円。裁判や運動の経緯、論点などを解説し、訴状などの資料を収録。活動を記録したDVDも付く。

 編集責任者の大久保賢一弁護士は、国が残留放射能などの影響を過小評価している点に触れ「福島の原発事故で同じことを繰り返してはならない」としている。(山本洋子)

スポンサーサイト
2011.08.05 Fri l ニュース(原爆症裁判) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fujiwaradannchou.blog50.fc2.com/tb.php/217-6fed0604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。