本日、大阪地裁202号法廷で、義務付1次・取消4次訴訟の原告本人・証人尋問が行われました。
お二人とも長い間、認定申請をほったらかしにされて義務付訴訟を準備していたところ、お一人は程度直前に却下されて取消訴訟を提起し、もうお一人は、提訴前日に認定されて、提訴後に認定通知を受け取ったという原告です。
義務付訴訟の原告は、すでに認定されているために、国家賠償のみが残っています。
被爆者が認定申請することには様々な障害もあり、たいへんな負担がかかります。
裁判所には、ぜひ、懲りない国に対して、国家賠償を命じてもらいたいです。
次回期日は、9月21日(金)午前10時30分。202号法廷です。
第7民事部に係属している取消5次訴訟は、<8月23日(火)午前11時30分です。806号法廷です。
スポンサーサイト
2011.07.29 Fri l ニュース(原爆症裁判) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fujiwaradannchou.blog50.fc2.com/tb.php/211-85614f75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)