結局は、「外部被爆であろうが内部被爆であろうが、浴びた線量が同じならば健康被害も同じ」という原爆症認定訴訟における国の主張と同じではないのかと。「外部被爆も含めた累積線量の考え方」とは、内部被爆も外部被爆も同じ、区別できないということですね。
やはり原発被災者の救済も原爆の場合も同じことになるのではという不安が的中か。

生涯100ミリシーベルト目安に 食品安全委が見解 暫定基準値見直し検討へ(産経)

食品中の放射性物質が健康に与える影響について協議していた食品安全委員会は26日、東京都内で会合を開き、外部被ばくと内部被ばくを合わせた生涯の累積線量について、がんのリスクが高まるとされる100ミリシーベルトを超えないようにするべきだとの見解を取りまとめた。現在の食品の暫定基準値は、外部被ばくや生涯の累積線量は考慮されておらず、厚労省は食安委の答申を受けて見直しに向けた検討を始める方針。

 食安委は被ばくが健康に与える影響を調べた国内外の研究を収集、分析。広島・長崎の被爆者を対象とした研究で、100ミリシーベルトを超えるとがんのリスクが高まることを確認した。また、食品による内部被ばくのみを取り上げた研究はほとんどなく、外部被ばくも含めた累積線量の考え方を採用した。日本で年平均1・5ミリシーベルトとされる自然被ばくや医療被ばくは別とした。

スポンサーサイト
2011.07.26 Tue l ニュース(一般) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fujiwaradannchou.blog50.fc2.com/tb.php/207-491bef6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)