線量推定法で対立 原爆症認定の厚労省検討会 被爆者側が反発(中國新聞)

厚生労働省の「原爆症認定制度の在り方に関する検討会」の第5回会議が15日省内であり、審査の現状について討議した。厚労省は認定率が低い旧基準で重用した被曝(ひばく)線量推定方式DS02を今も参考にしていると説明し、被爆者が反発した。
 委員の日本被団協の田中熙巳(てるみ)事務局長は、白内障や心筋梗塞が爆心地から1.5キロ以内で被爆した場合しか認定されていないと指摘。「残留放射線の影響をどう判断しているのか」とただした。
 これに対し同省の担当者は、認定の審査会ではDS02で算定した被曝線量を参考に示していると回答。田中氏は「DS02は初期の放射線量のみで残留放射線は判定できない」と反論したが、担当者らが「考慮している」と再反論、対立した。
 田中氏はまた、国が認定しない被爆者を原爆症と認めた司法判断を踏まえ、認定制度を改めるよう求めた。次回も現状認識をめぐり意見を交わす。


厚生労働省、完全に開き直っています。
白内障や心筋梗塞、甲状腺機能低下症などに「放射線起因性が認められる」という留保をつけて、実際には、ほとんど認めていないのは、DS02で計算した放射線量を基準にした、つまり、古い「審査の基準」に戻していることを認めているんじゃないですか!
この裁判をやってはっきりわかったのは、「役人ども」の皆さんがいかに誠意のない嘘つき連中かってことです。
スポンサーサイト
2011.07.20 Wed l ニュース(原爆症裁判) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fujiwaradannchou.blog50.fc2.com/tb.php/203-1f7b26d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)