上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨日、認定申請を却下されたという被爆者の方からお電話を頂きました。
幼少時に長崎市で被爆された方で、申請疾病名は「心筋梗塞」。
現在の「新しい審査の方針」には、積極的に認定する病気として、「放射線起因性が認められる心筋梗塞」が追加されています。「放射線起因性の認められる」という留保は何を意味するのか?認定の要件として、放射線起因性が必要なので、同義反復では?という批判があるところですが、実際のところはどうなんでしょう。
この間、大量の却下処分が出ていることは既に書きましたが、心筋梗塞の認定状況は次のようなものです。

3月29日 認定0 却下47
4月8日  認定6 却下0
4月26日 認定0 却下69
5月18日 認定5 却下0
5月24日 認定1 却下103


同じく、「放射線起因性の認められる」という留保がついている白内障も同じような状況です。
これでは、積極認定の対象疾病とした意味がないと思うのですが。
厚労省は、医療分科会の体制を拡充して、年内にも認定申請の滞留を解消するとしていますが、
これでは結論は見えています。
スポンサーサイト
2010.05.27 Thu l 厚生労働省 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
年齢が上がればその分心筋梗塞になる割合も高くなるから、却下の数も増えるんでしょ。放射線起因性の心筋梗塞は数が減りこそすれ増えないけど、加齢による心筋梗塞は増えるじゃない
2010.05.28 Fri l . URL l 編集
滞留を解消って...
その結果が大量却下じゃ、元も子もありませんね。

それにしても、上のカキコ氏は、いったい何が言いたいのか。
2010.09.19 Sun l こりゃま. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fujiwaradannchou.blog50.fc2.com/tb.php/192-4d7c26a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。