皆様お待ちかね、1年前の舛添大臣の発言です。

閣議後記者会見概要より抜粋
(H20.03.18(火)09:13〜09:24 ぶら下がり)

(記者)原爆症に関してなのですが、新しい審査の基準が決まりましたが、その直後に原告団、弁護団が強い反発を示す会見を開いたのですけれども、大臣ご自身としては今回の新しい基準に問題はないとお考えでしょうか。

(大臣)これはずっと与党の皆さん方が詰めてこられて、相当原告団の方々ともお話をしたとのことです。それで、新しい認定基準で認められる人は、大体今までの10倍、1,800人くらいになると思います。今回、訴訟なさっている方も相当な数の方がこれで認定されるということですから、最大の問題は、じゃあもう一回認定基準を全部作り直すのかというと、今までのプロセスからいって非常にこれは問題があるし、時間もまたかかってしまうということがあります。ですから、取り敢えず、認められる方は訴訟はなくなるわけですね。残された方々に対してどうするか。これは、4月にまた判決が出るように聞いていますから、そういうのを見据えながら認定基準、これを柔軟に運用するとか、いろんな考えができると思います。そういうことをにらみながら、慎重かつできるだけ多くの人を救いたいという原則は変わりませんからやっていきたいと思います。今回は、厚生労働省が、こうなのでビシッといきますよということであるというよりもむしろ、議員の方々の話し合いによって先にまとめられた案ですから、そのことも踏まえた上で、ちょっと肝炎対策の場合とは違ったアプローチが必要かなと思っております。ただ、できるだけ救いたいということで、知恵を働かせていって、今後引き続き、ご高齢になっておられますし、時間の限りもありますから、そういう観点から対応して参りたいと思っております。

(記者)判決を踏まえて柔軟な運用もあり得るというのは、随時認定の見直しも考えるということでしょうか。

(大臣)いや。例えば、いろんな病気、これを原爆症の関連で認めるかどうかという議論があります。だけど、特定の疾患の名前も挙がっていますけれども、総合的に判断することができると書いてあるわけですね。だから、明確に白血病であるとか、そういうのでなくても今回のこの見直し案というのは、総合的な判定によって認めるというのは可能ですから、そういうことも踏まえて。4分の3くらいの方が認定で救われるわけです。そうすると訴訟をどうしても続けないといけない方というのは4分の1くらいですから、そういうことも勘案しながら、運用ということもあり得る。というのは、認定基準を根本的にもう一度見直すというのは、これまで一所懸命積み重ねてきたことが、灰燼に帰すことにもなりかねない。だから、前向きに今のような条項、つまり総合的な判断を使ってできるのではないかと今考えております。

(記者)原告の中には、訴訟で勝訴しているのに今回の認定基準から外れてしまう人が出てくるのではないかと。そうすると、ダブルスタンダードになってしまう可能性もあるという指摘もあるのですけれども、大臣それについては。

(大臣)それは非常に前からそうだったので、例えば、今度新しくできた認定基準の方がより厳しくなっている人がいます。昔の基準だったら救われるのに、今度の基準だと救われないという方が出てくるわけです。だから、一つの基準を決めてしまうと、プラスマイナスあるわけです。それと同じで、今度は司法の判断と、議員の方達がおまとめいただいて政府与党でまとめた今度の認定がずれてくる問題がある。これをどう解決するかというところにやはり政治の知恵が働かないといけないので、そこはやはり政治家としての決断が必要だと思いますから、私もその形の決断をやるか、しかし、その前にやはり与党の、一所懸命まとめてくださった議員の方達と相談をしてということになると思います。

(記者)今後政治的なそういう決断とかも。

(大臣)少し状況をみて、またいろいろ話し合いを重ねながら。おっしゃるように、勝訴しているのになんで救われないのだというのは本当によく気持ちは分かりますし、もうお年も召されていますし。どういう形でそれを救えるのか。なんとか救いたいという気持ちで頑張ってみるということです。

ありま

1年前にこんな事言ってたのに上告て。
桝添さん、そりゃないよ…。(管理人)
スポンサーサイト
2009.03.29 Sun l 厚生労働省 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fujiwaradannchou.blog50.fc2.com/tb.php/15-0c7c9810
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)