11日、国が各高裁へ行った控訴を取り下げました。
今のところ確認できているのは、札幌高裁、広島高裁(1次、2次)、福岡高裁(熊本事件)、高松高裁(高知事件)です。
また、千葉事件の最高裁への上告も取り下げられました。
国の控訴や上告の取り下げにより、地裁勝訴判決や高裁勝訴判決が確定し、判決にしたがって厚労大臣が原告を認定することとなります。
これで勝訴原告の認定は実現しました。
まだまだ、基金の創設や未判決原告の訴訟が続きます。
引き続きご支援よろしくお願いします。

原爆症訴訟、国が控訴取り下げ 確認書に基づく対応(朝日新聞8月12日)

原爆症認定集団訴訟の一審で国が敗訴し、全国5高裁に控訴していた原告38人について、国は11日、控訴を取り下げた。原告306人の全員救済に向けて、6日に政府と原告側が署名した確認書に基づく対応だ。国が一審で敗訴して控訴したにもかかわらず、訴訟中に取り下げるのは初めてという。

 3日の熊本地裁判決で国が敗訴した原告10人についても、国は控訴しない方針。


一次訴訟一審判決�
【19連勝のきっかけとなった大阪地裁1次判決の旗だし】

スポンサーサイト
2009.08.12 Wed l ニュース(原爆症裁判) l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

No title
初めまして。

国が控訴取り下げ、苦労が少しは報われたようですね、おめでとうございます。

ただ、うがった見方をすれば、選挙で大敗を予想されている政府・与党が人気取りのためにやったかなとも思えます。

これからもご油断無きように、と思います。
2009.08.14 Fri l 月輪. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fujiwaradannchou.blog50.fc2.com/tb.php/149-1b70c6a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)