上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
核兵器廃絶への一つの動きを紹介します。

2030年までに核廃絶 グローバルゼロが行程案(共同通信6月30日)
 核廃絶を訴える世界規模の運動「グローバルゼロ」は29日、ワシントンで記者会見を開き、日米、ロシアなど9カ国の元政府高官らでつくる委員会が2030年までの核兵器廃絶の行程表案をまとめたと発表した。
 核廃絶の多国間協定に向けた行動計画を4段階で提示したのが特徴。オバマ政権発足以来高まる核なき世界への機運を後押しする狙いで、委員会は「どの道をとるか究極的には政治指導者の決断次第だ」と指摘した。
 行程表は(1)10~13年に米ロが18年までに核弾頭を各千個に削減することに合意。全核保有国が包括的核実験禁止条約(CTBT)批准(2)14~18年に核保有国の多国間交渉開始。検証システムを確立(3)19~23年に各国が30年までの核廃絶協定に合意(4)24~30年に核廃絶完了-が主な内容。
 委員会は、90年代初めに米首席代表として旧ソ連との核削減交渉を担ったリチャード・バート氏が主導。日米ロのほか英国、フランス、中国、インド、パキスタン、ドイツの政府や軍の元高官も参加。日本は福田康夫前首相と佐藤行雄元国連大使が名を連ねた。


 「グローバルゼロ」運動というのは、初めて知りました。
  詳細はこちら→『核兵器はなくせる』 有識者によるグローバルゼロ運動(「ヒロシマ平和メディアセンター」より)
 カーターさんとか、ゴルバチョフさんとか、福田さんとか、有識者が名前を連ねているそうです。

 それぞれの立場の人が、それぞれの思いで、それぞれの方法で、核廃絶・核軍縮を訴えています。共通するのは平和な世界を希望しているということではないでしょうか。
 核兵器で脅し合うことで戦争を抑止するという理屈もありますが、それによって得られるのは単なる「安全」だけ。相手を脅し、相手に脅されるという緊張状態の中で保たれる国家の安全は、「平和」とはほど遠いものだと思います。
 関連して、憲法前文はいいこと言っています。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

スポンサーサイト
2009.07.01 Wed l ニュース(核兵器廃絶) l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

No title
北朝鮮に拉致された被害者も裏を返せば、
日本の今までの悪行の報いでもあり、
悪行の数々に比べればたいしたことではないのだと思います。

むしろ、日本も安保をやめて、アメリカの核の傘から外れ、
自衛隊を解体し、アジア諸国に理解してもらえれば、
拉致被害者は帰ってくるし、
独島(竹島)や尖閣諸島の問題も解決すると思います。

今のように世界中から嫌われている国でなくなると思います。
2009.07.05 Sun l たるぼきん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fujiwaradannchou.blog50.fc2.com/tb.php/105-7368c8fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。