上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
NHKの報道です。

菅総理大臣は、平和記念式典のあと広島市で被爆者団体の代表と面会し、原爆症の認定をめぐって被爆者団体側から早期に認定審査を行うよう求められたのに対し、「一日でも早く認定されるよう、審査に臨んでいる」と述べました。

菅総理大臣は、平和記念式典のあと、長妻厚生労働大臣とともに広島市内のホテルで被爆者団体の代表と面会しました。この中で菅総理大臣は、被爆者団体側から、およそ5500人が原爆症の認定審査を待っているとして、早期に審査を行い、認定するよう求められたのに対し、「政府としては着実に対応してきたつもりだ。待たされている方が一日でも早く認定されるようにという方針で、審査に臨んでいる」と述べました。


■菅首相、「政府としては着実に対応してきたつもりだ。待たされている方が一日でも早く認定されるようにという方針で、審査に臨んでいる」って。
パン・ギムン国連事務総長が広島・長崎で核兵器廃絶を訴え、アメリカのルース駐日大使が初めて平和式典に参加するという流れの中で、「核兵器の抑止力」を説いたり。そりゃ、選挙負けますよ。
スポンサーサイト
2010.08.06 Fri l ニュース(核兵器廃絶) l コメント (1) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。