上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
日本被団協が、ノーベル平和賞に推薦されたそうです。
推薦したのは、ジュネーブに本部を置くIPB(国際平和ビューロー)。
引用文では、過去3度の推薦とありますが、5度目の推薦だそうです。

“IPBは2010年ノーベル平和賞に被爆者を指名する(2010年1月28日)
 国際平和ビューロー〈IPB〉はいまいちど日本の団体であり、広島・長崎の被爆者を代表する日本被団協を指名した。このふたつとない重要な団体の指名は今度で3度目である。
 この特別なノーベル賞指名をくり返すにはいくつかの理由がある。
 1.被爆者は、前世紀のもっとも恐るべき破壊行為の後遺のなかで、計り知れない勇気をもって65年の歳月を生き、みずからの苦しみをいまなお続く大量破壊兵器の脅威への積極的で長期の抵抗に変える方途を見出してきた。
 2.被爆者の社会では、構成員が歳月とともに衰えていく。世界が顕彰するのは今をおいてない。
 3.国際社会のもっとも権威ある平和の栄誉を核の犠牲者に授与することは、核拡散の危険にとどまらず、2009年ノーベル平和賞受賞者バラク・オバマの政治的イニシアチブなどによってもたらされた軍縮の重要かつ新たな可能性に世界世論の目を開かせることになる。
 4.我々は、この指名がアルフレッド・ノーベルの遺志の意義と精神に完全に合致すると信じている。


オバマ大統領もノーベル平和賞を受賞し、5月にはニューヨークでNPT再検討会議が開催されます。
被団協がノーベル賞を受賞すれば、さらに核廃絶に向けた大きな前進になることは間違いありません。
大いに期待したいと思います。
その前に、原爆症認定の大量滞留問題の解決、被爆者援護法の改正に向けても、被団協が大いに奮闘することを期待したいと思います。弁護団も一緒にがんばります!!
スポンサーサイト
2010.01.29 Fri l ニュース(核兵器廃絶) l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。