今、オバマ大統領の国連総会演説を見ています。

オバマ大統領は、これからやらなければならない4本の柱の一つとして、その第一に核兵器廃絶を訴えました。第二は安全保障、第三は環境保全、第四は世界経済の回復です。

国連総会という場において、アメリカの大統領が核兵器廃絶をとうとうと訴えるのを聞いて、本当に時代が変わったのだと実感しました。
核兵器廃絶に向けたこれまでで最大の機会が来たと思います。被爆者の最後の力を振り絞って核兵器廃絶への流れを確固たるものにしていく必要があります。そのために、最大限のお手伝いをしていきます。

弁護団A
スポンサーサイト
2009.09.24 Thu l ニュース(核兵器廃絶) l コメント (4) トラックバック (0) l top