FC2ブログ
今日の朝日新聞に,近畿弁護団の新人弁護士の岡千尋さんが紹介されています。
すでに何度かブログでも紹介していますが,裁判のあとの集会で,彼女の話を聞いた朝日の記者さんが感動されて,取材してくれたものです。

被爆3世、「私が代弁」 原爆症訴訟の近畿弁護団に(朝日新聞8月1日)
広島、長崎の被爆者が国に原爆症認定を求めている集団訴訟の近畿弁護団にこの夏、広島市出身の被爆3世で大阪弁護士会所属の岡千尋さん(26)が加わった。メンバー約50人の中で最年少だ。「被爆体験を語るのはつらいこと。やっと声を上げた人たちを放っておけない」。被爆の苦しみを秘めたまま亡くなった祖母らの姿が、背中を押した。

 「おばあちゃんは原爆の焼け野原を生き抜き、父を育て、私にも愛情をいっぱい注いでくれました。みなさんは私のおじいちゃん、おばあちゃんに見えます」

 原告と支援者らの集会が大阪であった6月22日、岡さんは初めて被爆者たちにあいさつした。涙で声を詰まらせる姿に、温かい拍手が送られた。この日は、申請を長期放置しているとして早期の認定を厚生労働相に求めた義務付け訴訟の口頭弁論が大阪地裁であり、弁護団の一員として初めて法廷に入った。

 祖母の正江さんは広島の爆心地から約2キロ付近で被爆。白血病と乳がんを患い、岡さんが小学生だった90年に62歳で逝った。孫の中でただ一人の女の子だった岡さんをかわいがり、七五三には着物を贈ってくれた。闘病生活が長らく続いたが、被爆体験は岡さんにも、父の郁雄さん(57)にも語ろうとしなかった。

 祖母の態度を理解したのは、広島の高校時代、ケロイドが残る恩師の女性教諭が退任あいさつで、小学生のときの被爆体験を初めて語った時だった。岡さんは「思い出したくない、話してもわかってもらえない。差別を受けるかもしれない。多くの被爆者は、そんな思いを抱えながら生きているんだ」と知った。
(平賀拓哉)


続きは
asahi.comでご覧下さい。
全国でも2世,3世の弁護士が弁護団員として奮闘しています。
また,岡さんだけでなく,多くの若手弁護士もがんばっています。
8月6日,9日までは,あと,わずか。
全面解決まで弁護団一同がんばります。
スポンサーサイト



2009.08.01 Sat l 未分類 l コメント (4) トラックバック (0) l top