上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
まずは痛快なやりとりを。

水俣病:民主・松野議員、行政を批判--参院決算委 /熊本(毎日新聞6月30日)
 29日の参院決算委員会で、松野信夫議員(民主)が麻生太郎首相を相手に「間違った認定基準で患者を切り捨てている」と国の水俣病行政を批判する一幕があった。
 松野議員は国の水俣病研究を「官僚が御用学者を使って自分たちの都合のいい結論を導くために使っている」「(専門家の報告書の中には)中学生の修学旅行の日記みたいなことしか書いていない」とこき下ろした。
 麻生首相は答弁で「(研究は)国の認定基準や補償の根拠として救済に貢献した」と反論したが、松野議員は「実態は逆だ。国が間違った基準をつくり、患者はばっさばっさと切り捨てられる」と批判。国の「18連敗」が続いている原爆症認定訴訟を引き合いに「切り捨て行政が裁判で負ける。民間企業ならクビだ」と締めくくった。


 「専門家」が被害自体を否定しようとする点。
 官僚が「専門家」にお願いをして勝手な認定基準を作らせて被害者を切り捨てる点。
 そして「専門家」も認定基準も司法によって否定された点。
 原爆症と水俣病で全く同じです。
 なんとワンパターンな。

 与党と民主党の間で政治解決のための法案が議論されているようですが、被害者がきちんと納得できるように、慎重に議論したうえで進めて欲しいところです。

水俣病救済法案 駆け込み決着は禍根残す(西日本新聞社説6月27日:抄録)
 水俣病被害者の多くには「チッソ分社化」は加害企業の救済にしか映るまい。「地域指定解除」は水俣病問題の幕引きとしか思えまい。救済法案をめぐる協議で欠かしてはならない視点である。《中略》
 眼前の「混乱」をとりあえず収束させようとする、その場しのぎの駆け込み救済策では到底、水俣病問題の最終解決にはなり得ない。かえって混乱と亀裂が深まり、禍根を残すことになる。


 水俣病特措法 幕引きの立法はやめよ(毎日新聞社説6月29日)

(下の写真は5月28日に東京高裁判決の祝勝会に駆けつけていただいた松野さん《中央》)
IMG_0032_320.jpg
スポンサーサイト
2009.06.30 Tue l ニュース(一般) l コメント (8) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。