裁判等の今後の予定と雑感を。

4月25日 原爆症訴訟の早期全面解決を求める近畿のつどい (エル大阪6階)

5月15日午後2時 大阪高裁2陣判決 (裁判所2階大法廷)

5月28日午前10時 東京高裁判決(東京地裁控訴事件)


被爆者の共通の思いは核兵器廃絶です。
そして、原爆症裁判は、核兵器廃絶に直結する裁判です。
なぜなら、原爆の被害が今なお継続していることを国が認めることで、核兵器の非人道性が明らかになり、核兵器は使ってはならない兵器であるということになるからです。
そして、このことを世界に広めていくことが唯一の被爆国日本の役割だと思います。
最近オバマさんが核廃絶に向けて進み出しましたが、本来は、日本が先頭切って核廃絶を訴えて行くべきだと思います。


ありま
スポンサーサイト
2009.04.20 Mon l 裁判の日程 l コメント (1) トラックバック (0) l top