FC2ブログ
4月15日午後3時、大阪地方裁判所に原爆症認定不作為の違法確認・認定の義務付訴訟と申請却下処分の取消訴訟を提訴しました!
各種新聞等でも大きく報道され、この問題に対する世論の関心の強さをうかがい知る事が出来ました。提訴の詳細については、後日写真なども付けてお話出来ればと思います。

そこでまず本日は、近畿弁護団の一人、野口善國先生の下で勉強していらっしゃる新62期の司法修習生の方が書いて下さった(管理人に書かされた…? 笑)提訴に立ち会った感想を紹介させていただきます。こういう風に、このブログが近畿弁護団と他の方々との交流の場になればいいなと思います。


原爆症認定義務付け訴訟提訴の日、野口先生に連れられて、大阪地裁に行くと、
原告の方々、弁護団の先生方、支援者の方たちが集まっておられました。
これまでに、先生から訴訟に至るまでの経緯を聞かせてもらったり、弁護団会議に参加させてもらったりしていたので、みなさんの表情を見ていると、「いよいよ提訴だ、頑張るぞ!」という気持ちがひしひしと伝わってきました。

そして、私も裁判所の門から入り口までの行進に参加させてもらいました。
報道陣もたくさんきていたので、報道をきっかけにこの訴訟を多くの人に知ってもらえればと思います。

訴状の提出後の記者会見では、原告の方たちが、原爆の悲惨さや原爆症と認定されないことの苦しみを、穏やかな口調ながらも気持ちを込めて語っておられて、とてもいい記者会見でした。
ご高齢ながら、長時間にわたる記者会見、その後の記者の質問にも熱心に答えておられる原告の方々を見て、この訴訟に対する熱意を感じると同時に、一日も早く、原告の方々に原爆症の認定がなされればいいなと思いました。

今回、弁護団会議や訴状の提出に参加させてもらって、原爆が投下されてから今年で64年が経つけれど、いまだに原爆の被害で苦しんでいる方が数多くいることを知りました。
戦争や原爆は決して「過去」のものではなく、今なお、しっかりと向き合うべき課題を残しているのだと感じました。
この訴訟提起は、長年苦しんでいる被爆者の方たちの救済に役立つと同時に、
私のように戦争や原爆を知らない世代が、その悲惨さを知り、同じ悲劇を繰り返さないために何ができるのかを考えるきっかけになるとても意義のあるものだと思いました。

一日も早く原爆症の認定がなされて、原告の方たちが笑顔になることを願っています。
2009.04.16 Thu l ご挨拶 l コメント (1) トラックバック (0) l top