上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
原爆症認定訴訟を学ぶ上で重要なのが、「原爆症とは何か」です。
しかし、このもっとも基礎的な問題がなかなか難しいのです。

まず、取っ掛かりとなるのは原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律(被爆者援護法)の第10条です。

厚生労働大臣は、原子爆弾の傷害作用に起因して負傷し、又は疾病にかかり、現に医療を要する状態にある被爆者に対し、必要な医療の給付を行う。ただし、当該負傷又は疾病が原子爆弾の放射能に起因するものでないときは、その者の治癒能力が原子爆弾の放射能の影響を受けているため現に医療を要する状態にある場合に限る。

これだけでは何のこっちゃ分かりませんよね…。
ただ、まず分かっていただきたいことは、原爆症の認定を受けるためには申請時に、「現に医療を要する状態にある」ことが必要なんです。つまり、原爆症認定訴訟の原告の方々は現在様々な病気等と闘っていらっしゃる方、またはそのような闘いの末亡くなってしまわれた方々の遺族なのです。

そして、ゆっくり条文を読んでいくと、原爆症とは「原子爆弾の傷害作用に起因する負傷又は疾病で、何かしら放射能の影響によるもの」であるということは分かります。

…これって、実はすごくおかしな事なんです。
原爆の傷害作用には放射能の他に、台風を遙かに超える爆風や1600度を超える(爆心地では4000度)熱線があると言われています。
この条文の「ただし、」以下によると爆風に吹き飛ばされて怪我をしたり、熱線に焼かれてひどい火傷を負った人については、その怪我や火傷が放射能の影響で治るのが遅くなっていると認められない限り、原爆症と認められないということになるのです。原爆による爆風や熱線で傷を負ったのに原爆症ではない…。ほら、原爆症って何なのかやっぱりよく分からなくなってきましたよね。

そう、みなさんもお気づきの通り、この被爆者援護法も実は大変問題のある法律なのです。ただ、法律の改正には非常に多くの時間と手続を要します。
また、この問題のある法律の下でさえ原爆症と認められるべき方々についても、なかなか認めようとしないのが現在の厚労省なのです。
原爆症認定問題の真の解決とは何か、考えることが必要なときになっているのかもしれません。

分かりにくい文章ですみません。
もし、この記事を読まれて質問などがある方がいらっしゃったら、どんどんコメントして下さい。質問がなくても、「次回の初心者講座はこれをやってくれ!」とかの意見など、よかったらコメントして下さいね。

いまにしゆうすけ
スポンサーサイト
2009.04.08 Wed l 初心者のための原爆症訴訟講座 l コメント (3) トラックバック (0) l top
《問題》 下のグラフは何でしょう?

認定被爆者総数


《正解》 年度末における原爆症と認定された被爆者の総数です。
昭和32年に認定制度ができ、しばらくは4000人台で推移していましたが、昭和56年以降は2000人台で推移していました。
昭和56年には、医療特別手当の制度が創設されるなど、手当の金額が上がったので、予算の都合から認定者数が抑制されてきたものと思われます。
制度の経過については厚労省HPの被爆者援護施策の歴史を参照してください。

裁判の中で、厚労省は、原爆症の認定に関して科学的知見にしたがって行ってきたと言い張ります。しかし、その実態は、予算にしたがって被爆者を切り捨ててきたのです。

ありま




うわっ、これはひどい!
平成20年がグーンと上がっているのは新しい認定基準が出来たからですよね。
でも、まだまだ認定されるべき人が認定されていないのが現状です。
これだけ見ていると、平成20年が異常に多いように見えますが、違います。
今までが異常に少なすぎたのです。
(管理人)
2009.04.01 Wed l 初心者のための原爆症訴訟講座 l コメント (0) トラックバック (0) l top
1 「被爆者」と「被曝者」
「被爆者」といえば、広島・長崎で原爆の被害を受けた人というのが一般的な感覚でないかと思います。
紛らわしい言葉もあるので、ちょっと解説します。
似たような言葉で、「被曝」(「バク」の字が違います)というのがあります。
人体などが放射線や化学物質にさらされることを「被曝」と言います。そして、放射線や化学物質を浴びた人のことを「被曝者」と呼びます。一般的には放射線を浴びた人のことを「被曝者」と呼びます。
原爆の「被爆者」は、原爆の放射線を浴びているので、「被曝者」でもあるのですが、原爆という爆弾による被害者であることから、特別に「被爆者」という呼び方をします。
チェルノブイリ等の原発事故の被害者は、「被曝者」というのが正しいのです。
「被曝者」は「被ばく者」とも書きます。
また、原爆被害の総体をとらえて言及する際には「被爆」、放射線の被害に着目して言及する際には「被曝」というふうに使い分けるのが一般です。
ということで、原爆の被害者は「被爆者」です。

2 「被爆者」の区分
「被爆者」は平成20年3月末現在、約24万人おられます。
で、この「被爆者」にも様々な区分があります。
① 原爆が投下された瞬間に、広島や長崎の一定の地域にいた人のことを直接被爆者(1号被爆者)と言います。みなさんが一般的に想像する被爆者だと思います。
② 原爆が投下されてから2週間以内に、広島や長崎の一定の地域に立ち入った人のことを入市被爆者(2号被爆者)と言います。親族を探しに中心部に立ち入った一般人や、救助・救護活動のために中心部に立ち入った軍隊や医療関係者などがあたります。
③ 直接被爆もしていないし入市もしていないけれども、中心部から離れた救護所等で原爆放射線の影響を受けた人々の救護活動に当たった人のことを救護被爆者(3号被爆者)と言います。法律上の要件は、「身体に原子爆弾の放射能の影響を受けるような事情の下にあった者」とされているので、救護活動に当たった場合に限定されるわけではありませんが、3号被爆者の多くは救護被爆者です。
④ ①から③に該当する当時、胎児であった人のことを胎内被爆者(胎児被爆者、4号被爆者)と言います。放射性物質を呼吸や飲食等で体内にとりこんで被曝するときに用いられる「体内被曝」と紛らわしい(発音は一緒な)ので注意して下さい。
上記の要件に該当して、被爆者健康手帳(被爆者手帳)を交付されている人が法律上の「被爆者」です。

3 「被爆者」の人数
平成20年3月末現在の厚労省の統計では被爆者の内訳は以下のようになっています。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/genbaku09/15a.html
合   計 →243,692人
1号被爆者・直接被爆者→150,133人
2号被爆者・入市被爆者→61,203人
3号被爆者・救護被爆者→24,928人
4号被爆者・胎内被爆者→7,428人

集団訴訟が始まった平成15年の時点で、被爆者合計が273,918人でしたから、4年間で3万人の被爆者が亡くなっていることになります。
参考までに、1957年から2007年までの被爆者の人数をグラフにしてみました。
被爆者数の推移
被爆者の平均年齢は75歳と言われていますので、これからも被爆者の人数は加速度的に減少していくことは間違いありません。
原爆症裁判の一日も早い解決が必要なんです。

4 事実上の被爆者
「被爆者」の要件に該当しているのに、いろんな事情から被爆者手帳の交付を受けていない人もたくさんおられます。
昔は、被爆者であること自体で差別されたりしていたために被爆者手帳を取得するのをためらったり、被爆者手帳を取得するために要求される証人を見つけることができなかったり、いろんな事情で被爆者と認められていない人がたくさんいます。
原爆投下から64年が経とうとしている今日でも、被爆者手帳をとりたくてもとれないという人がいるのです。
このような方々は、実質的には被爆者なのに、被爆者手帳が無いことで、何の救済を受けることもできません。
近畿弁護団で不定期に「被爆者なんでも電話相談」というのをやるのですが、いつも手帳取得に関する相談が多いのに驚かされます。
平成21年3月25日には、広島地方裁判所で3号被爆者7名の被爆者手帳取得を認める判決が下されました。 http://fujiwaradannchou.blog50.fc2.com/blog-entry-17.html
被爆から64年目にようやく被爆者手帳の取得が認められたのです。
このように、潜在的な被爆者はまだまだ多くおられ、この方々をどのように救済していくのかも重要な課題です。

※参考(被爆者の定義)
原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律(被爆者援護法)
第1条 この法律において「被爆者」とは、次の各号のいずれかに該当する者であって、被爆者健康手帳の交付を受けたものをいう。
1.原子爆弾が投下された際当時の広島市若しくは長崎市の区域内又は政令で定めるこれらに隣接する区域内に在った者
2.原子爆弾が投下された時から起算して政令で定める期間内に前号に規定する区域のうちで政令で定める区域内に在った者
3.前2号に掲げる者のほか、原子爆弾が投下された際又はその後において、身体に原子爆弾の放射能の影響を受けるような事情の下にあった者
4.前3号に掲げる者が当該各号に規定する事由に該当した当時その者の胎児であった者



ありま
2009.03.30 Mon l 初心者のための原爆症訴訟講座 l コメント (0) トラックバック (0) l top
原爆症
はじめまして。原爆症認定訴訟近畿弁護団、期待の(?)ルーキー今西と申します。
私はまだ弁護士として働き出して3ヶ月足らずの若造ですが、この原爆症認定訴訟はさすがに無関心ではいれないと強く感じ、さっそく弁護団に加入させていただきました。

私がこのように感じたのは郷地秀夫先生の「原爆症ー罪なき人の灯を継いで」という本を先輩の弁護士にもらって読んだことがきっかけだったので、このブログを読んでくれているみなさんにもぜひ読んでいただきたいのですが、なかなかそうもいかないでしょうから、私がこの本を読んで感じたことを以下述べます(実際の本の内容はもっとすばらしいものなので悪しからず。)

まず、しっかりとわかっていただきたいのが、原爆症認定集団訴訟で戦っていらっしゃる原告の方々は、本当に「罪なき人々」なのです。原爆が投下された昭和20年8月6日、8月9日にたまたま広島・長崎にいた人(直爆)、原爆が投下された後に家族・友人を捜して爆心地の近くに行った人(入市被爆)、爆心地近くで被爆者の救護をした人(救護被爆)達なのです。

この方々は被爆後にいろんな症状、病気、周りの人々の視線などに耐え抜いて生きてこられました。
原爆の放射能というのは厄介なもので、被爆後50年以上経過した現在になって初めてその症状が現れることもあるのです。

このような方々が現在苦しんでいる病気に対して、「あなたのその病気は原爆を原因とするものじゃないですよ」と、原爆症認定の申請を却下する国…。

こんな事許せますか?詳細については次回以降に回すとして、これが原爆症認定の主な現状です。
確かに、原爆症の認定を受けると月額13万7430円の医療特別手当の支給が受けられることになります。しかし、お金の問題ではありません。この訴訟の原告の方々は自分たちの病気が原爆によるものだと認めて欲しい、その思いが強いのです。

被爆者手帳を持つ被爆者は現在、25万人余いると言われています。この中で原爆症の認定を受けているのはわずか1%程度の人なのです。被爆者の方々は高齢になってきておられます。この訴訟においてもたくさんの原告の方が訴訟中に亡くなられています。

時間がありません。一刻も早い全面解決をー
みなさまのお力を貸していただければと思います。

どうですか?少しこの訴訟が気になってきませんか?
そこで次回以降はこの訴訟をもっと詳しく知りたい人のために
基本的な用語の解説等を行ってゆきたいと思います。
もちろん、私も初心者の一人ですから難しい説明は出来ません。
よかったら一緒に少しずつ学んでみましょう。



2009.03.26 Thu l 初心者のための原爆症訴訟講座 l コメント (1) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。